利用することにより驚くほど綺麗になる

綺麗に保つ

綺麗な芝生を育成するには

綺麗で青々とした芝生を育てるには、こつこつと手入れする事が必要となります。少しでも手入れを怠ると、雑草が伸びてきたり、芝が白くなったりと綺麗な芝を保つ事ができないのです。 芝生の手入れで重要なのは、散水作業です。芝は、乾燥しやすい生き物です。春や秋には、三日に一度は散水するようにします。夏の暑い時期には、気温が低めな朝と夕方のニ度、散水する事が必要です。また、芝生の表面だけに散水するのではなく、芝生の下地である土に浸透するぐらい散水する事が必要です。 もう一点、手入れに欠かせないのが、芝刈りです。小まめに芝刈りをしないと、芝の茎の部分が伸びすぎてしまい、刈った際に芝が白くなってしまうのです。 したがって、小まめに芝刈りをする事が、芝の緑を保つ重要な手入れであると言えます。

家庭用の手入れグッズの充実

芝生の手入れは、ゴルフ場等の大きな施設が、専用の機械等を使用して行っていました。しかし、近年では家庭でも芝張りをして、御自分で手入れされる方が増加しています。それは、芝を張る事で見栄えも良くなりますし、子供が外で遊ぶきっかけともなるのです。 このように、家庭でも芝生を管理する方が増えている事から、家庭用の管理道具も充実してきています。 芝生に穴を空けて、通気性を良くするエアレーションと言う作業があります。主にゴルフ場等の公共施設が専用の機械を使用して行いますが、最近では家庭用のも存在します。 家庭用のエアレーション用道具は、剣型スコップで穴を掘る時のように、足で道具を押し、道具の底にある複数の大きな針が芝生に穴を空けるという簡単な物です。 このように、家庭での芝生の手入れを容易にしてくれる、便利な道具が多く存在するのです。